健康

食の未来:フィンランドは菜食主義国家になるかもしれない

食の未来:フィンランドは菜食主義国家になるかもしれない



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

フィンランドでは肉の食べ方が減少し始め、動物由来の食品の役割がより公然と疑問視されるようになると、フィンランドの研究者たちはフィンランド人の食べ方が環境にどのように影響するかについて激しい議論を始めました。動物由来の食品の影響が統計に現れ始めています。フィンランド人が食べ物を選ぶ方法の新しい転換点は、環境とより健康的な栄養の両方をサポートしているようです。

現代社会における最大の世界的傾向の1つは、植物ベースの食事への移行の増加です。より多くのスーパーマーケットがビーガンフレンドリーになりつつあります。完全菜食主義のレストランはまだ珍しいですが、ベジタリアンやモダンな一般的なレストランは完全菜食主義の選択肢を提供しています。

この傾向は、実際に肉や乳製品の消費が減少していることを確認するための調査研究が行われている特定の国で特に顕著です。同時に、植物ベースの代替品による肉や乳製品の代替と消費が増加しています。いくつかの統計は、人々が彼らが彼らの皿に置いた食物の起源に疑問を呈し始めたことを示します。フィンランドを例にとってみましょう。

フィンランド人は今より少ない肉を消費します

2019年、フィンランド人は平均80キロの肉、148キロの液体乳製品、12キロの卵、15キロの魚、81キロのシリアル、66キロの野菜、66キロの果物を消費しました。予備データはフィンランド自然資源研究所(ルーク)の栄養バランスレポートによって収集され、2020年6月に報告されました。

昨年、肉の総消費量は、狩猟肉と食用臓器を含めて、1人あたり約80キログラム(176ポンド)でした。総消費量は前年比約1.8%減少し、一人当たり約1.5キログラム(3.3ポンド)に相当します。

LukeのシニアスペシャリストであるErjaMikkolaによると、家禽肉の消費量は2018年からほぼ4%増加しており、1人あたりの消費量は26.6 kg(58.6ポンド)になっています。一方、豚肉の消費量は約5%減少し、約30.8キログラム(67.9ポンド)に相当しますが、それでも家禽肉よりも多く消費されています。昨年は平均18.8キロ(41.4ポンド)の牛肉が消費されましたが、これは前年よりも約0.5キロ少なくなりました。

調査によると、穀物の総消費量は2018年から1人あたり2キロ強増加し、昨年は約81キロ(178.5ポンド)であったことが報告されています。この増加は、オート麦の消費量の増加によるものです。フィンランドのオート麦の消費量は、前年比で約2キロ(約30パーセント)増加し、1人あたり9.5キロ(20.9ポンド)になりました。よりスムーズな段階の後、オート麦ブームは再び激化したように見えました。米の消費量は前年比0.5キロ増加し、小麦の消費量はわずかに減少しました。他の穀物の消費量はおおむね変化していません。

フィンランドでは牛乳の消費量が減少し続けています

牛乳の人間による消費については、多くの間違った不健康な事実があります。そもそも、牛乳には飽和脂肪やコレステロールが含まれており、動物に与えられる農薬や抗生物質の種類が増えています。これらの農薬や抗生物質は人体に伝染し、これが細菌の抗生物質耐性の理由の1つです。

その上、母乳が人間の赤ちゃんを養うように設計されているように、牛乳の理由は子牛を養うためです。さらに、牛乳を消費する人々は、他の種の赤ちゃんのために自然が設計した食品を消費しています。人間の消化器系はこの種の牛乳を消化する準備ができていないため、これは乳糖不耐症、膨満感、けいれん、ガス、吐き気、下痢などの人間のシステムに多くの問題を引き起こします。

人間以外の動物種は、離乳の自然な年齢を超えて牛乳を飲んだり、他の種の牛乳を飲んだりしません。簡単に言えば、牛乳は人間の栄養ニーズに適合していません。この事実を理解し始めた人もいるようです。

報告書によると、フィンランドの牛乳消費量は、前年比で約5%減少しました。同じことが2018年にも起こりました。脱脂乳の消費量は約8%減少し、半脱脂乳は約4%減少し、全乳は1%減少しました。昨年、一人当たり平均102リットル(22.4ガロン)の牛乳が飲まれました。この調査では、さまざまな種類の牛乳の使用率は変わらないことがわかりました。半脱脂乳で57%、脱脂乳で約30%、全乳で10%強です。

平均して、乳製品の消費量はわずかに減少するか、変わらないままでした。バター、ヨーグルト、クリームの消費量が減少しました。フレーバーカードなど、他の牛乳ベースの生鮮食品の消費量が増加しました。 2019年には、1人あたり合計148キロ(326ポンド)の液体乳製品が使用されました。これは、前年よりも約4パーセント少なくなっています。

驚いたことに、チーズの消費量はわずかに減少し、約25キロ(55ポンド)でした。 Erja Mikkolaによると、バターの消費量も前年よりわずかに少なく、3.3キロ(7.2ポンド)でした。

果物と野菜を増やし、肉と砂糖を減らした食事

魚の総消費量は1人あたり14.9キログラム(32.8ポンド)のままでした。缶詰は前年よりわずかに多く消費されました。報告書によると、魚の総消費量に大きな変化はありませんでした。また、近年、卵の消費量にはわずかな変動しかありません。

魚の総消費量は1人あたり14.9キログラム(32.8ポンド)のままでした。また、近年、卵の消費量にはわずかな変動しかありません。

新鮮な果物の消費量は一人当たりの増加を見ました。柑橘系の果物の消費量は、前年から0.5キロ増加し、現在は14.3キロ(31.5ポンド)です。他の新鮮な果物の消費量はわずかに減少しました。缶詰とドライフルーツの合計で約7キログラムが食べられました。野菜の消費量は前年より増加しました。一人当たり推定66キログラム(145.5ポンド)の新鮮な野菜が使用されました。

昨年、食品の選択の変化が目立ち始め、今では研究者たちはこれが永続的な変化であり続けるのか疑問に思い始めています。この食品選択の変化が恒久的なものになれば、数十年後にフィンランドは菜食主義者または完全菜食主義者になるかもしれません。

報告書によると、フィンランド人は過去数年間で記録的な量の肉を食べており、昨年は年間平均81キロを超えていましたが、フィンランドの肉の消費量は2015年のレベルにまで落ち込みました。

ヘルシンキタイムズは、ヘルシンキ大学の食文化教授であるマリニバは、「統計は、近年の肉の気候と環境への影響について活発な議論を示している」と信じていると報告しました。ニバ氏は、「過去数年間にも小さな落ち込みと浮き沈みがあった。変化の永続性については何も言えない」と述べた。

しかし、フィンランド人は21世紀にこれまでになく少ない豚肉を食べてきました。 Nivaは、この変更は、少なくとも部分的には、肉や乳製品がオート麦ベースの製品に置き換わったことによるものだと考えています。

栄養豊富な食品を探しているより健康志向の人口は、統計の別の傾向です。生鮮野菜の消費量は過去最高を記録しました。平均して、フィンランド人は過去20年間でこれまでよりも少ない砂糖を消費しました。

ニバによれば、コロナウイルスのパンデミックがフィンランド人や他のヨーロッパ人の食生活に及ぼす影響は、現在、国際的な研究イニシアチブの一環として研究されています。


ビデオを見る: ヴィーガンの手抜きご飯時間がなくて毎日手の込んだ料理は無理な時の食事. HANAKO (八月 2022).