ニュース

政府は2019年にインターネットを200回シャットダウンしました、記事レポート

政府は2019年にインターネットを200回シャットダウンしました、記事レポート



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

グローバル化した世界で情報アクセスを意味し始めたインターネットアクセスは、多くの人にとって人権と見なされています。学び、共有することは、私たちの多くが時々見落としがちな特権です。

私たちは皆、インターネットで問題を経験していますが、それは当然のことです。ただし、全体像から見ると、インターネットに接続できないことは、実際には政府の閉鎖に関連している可能性があります。

何年にもわたってシャットダウンの数を見ると、インターネットのシャットダウンが政府やハッカーのお気に入りのツールになっているようです。数十の政府が、近隣、地域、またはおそらく国全体でWebアクセスをオフにするように電気通信に命じています。

関連項目:グーグルが突然動作を停止した場合はどうなりますか?

Access Nowの#KeepItOn 2020年2月2日のレポートによると、2019年には数十の世界政府が意図的にインターネットを200回以上遮断しました。これは、世界中で何百万もの人々がシャットダウンの影響を受けたことを意味します。

合計で213回のシャットダウンがありました。インドは2019年に最も多くのシャットダウンがあり、121回発生したようです。リストの2番目の国であるベネズエラは、インターネットを12回シャットダウンしました。続く他の国は11、イラク8、アルジェリア6、エチオピア4、およびロシア3のイエメンです。

この図は、図全体を示しています。

さらに、インターネットプロバイダーが接続を大幅に遅くしたケースが少なくとも14件あったようであり、シャットダウンの大部分は公の抗議への対応であるようです。

#KeepItOnは、世界中からのインターネットのシャットダウンを報告するキャンペーンであり、AccessNowの出版物です。これらの数値は報告されたデータに依存していることに注意してください。気づかれなかったり、報告されなかったりしたインターネットのシャットダウンがあるかもしれません。これらの数値は、新しい情報が利用可能になった場合に変更される可能性があります。


ビデオを見る: B層とは具体的専門的な事はわからないが政府テレビマスコミが作り上げるイメージを支持する層のことアナタはどの層ですか (八月 2022).